FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年目~芽かき~

さてさて、引き続き2年目のイチジクの育て方ですよ~


2年目で残す新梢は3年目からの結果母枝になり、
その位置を変えることができなくなるので、

2年目の芽かき作業は非常に大切です。
将来の骨格を考えて新梢を決めましょう!


*上芽、下芽、秋芽から伸びた芽(1cm以上伸びていて、さわるとゴムのよう)、
陰芽、不定芽、主幹から25cm以内の芽は使えないので基部からナイフで削り取ります。

→秋芽:葉が落ちた時にでも芽を出そうとして、出た芽です。
→秋芽は春、成長が抜群に早いのですが、成長が途中で止まってしまうので絶対に残さない。

絵の様に、緑の線の上芽は除去します。


真横から45度下向きまでの横芽を残します。

斜めに対角線状になるように芽は残します。




*主枝先端の芽は早く、その芽は強く伸びるので不要な上芽などはできるだけかき取ります。
→そうしないと、全体的に芽が生えるのが悪く、揃わなくなります。
→5月中旬ぐらいまで2~3回に分けて芽かきをしましょう。


*最終的に残す結果枝の間隔は日当たりなどを考えて、50cmにします。


*1番外の芽だけ、1m50cm更に伸ばします。
→3年目のため。





絵が非常に見苦しい感じになっていて、すみません





By:タニ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鈴木@イチジク

Author:鈴木@イチジク
いちじく好きのいちじくマニアの皆さんのために!

愛知県、西三河のいちじく農家が、

たっぷりの耳よりイチジク情報をお届け致します!!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
手 (1)
三州フルーツ工房
 
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。