FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通種

いちじくは、果実内の花の種類と
結実に受粉が必要か必要でないかで種類が決まり、

カプリ系、スミルナ系、普通系、サンペドロ系

の4種類に分けられます。
それでは、1つずつご紹介して行きましょう!


【普通種】

最も普通のいちじくで、生食用、加工用として広く栽培されています。

果実の中には雌花のみを持ち、受粉しなくても単為結果(結実)をします。
6月下旬~7月下旬に成熟する第一期結果(夏果)と、8月~秋末に成熟する第二結果(秋果)
共に、受粉しなくても結実します。

日本で栽培されている夏秋果兼用種や秋果専用種はすべてこの普通種に属します。


代表的な品種は、
桝井ドーフィン、蓬莱柿、ホワイトゼノア

その他に、
ブラウンターキー、ミッション、ホワイトイスキア、カドタ、オスボーンプロリフィリック

があります。



By:タニ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鈴木@イチジク

Author:鈴木@イチジク
いちじく好きのいちじくマニアの皆さんのために!

愛知県、西三河のいちじく農家が、

たっぷりの耳よりイチジク情報をお届け致します!!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
手 (1)
三州フルーツ工房
 
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。