FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カプリ種

いちじくは、果実内の花の種類と
結実に受粉が必要か必要でないかで種類が決まり、

カプリ系、スミルナ系、普通系、サンペドロ系

の4種類に分けられます。
それでは、1つずつご紹介して行きましょう!



【カプリ種】

小アジア、および、アラビア地方の野生種で、栽培品種の祖先とみなされています。
花托内に雌花と雄花を持ち、ブラストファーガと言う小バチの幼虫が雌花内に生息して、
虫えい花を形成します。
この成虫の小バチが運んだ花粉によって、スミルナ種の受粉と結実が行われます。
カプリ種の果実は、小バチがいることと雄花が多いため、残念ながら食用には適しません。


By:タニ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鈴木@イチジク

Author:鈴木@イチジク
いちじく好きのいちじくマニアの皆さんのために!

愛知県、西三河のいちじく農家が、

たっぷりの耳よりイチジク情報をお届け致します!!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
手 (1)
三州フルーツ工房
 
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。