FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルジャソット・グリーズ

【ブルジャソット・クリース】

非常に多くの種類があるイチジク、
今回はブルジャソット・クリースをご紹介します。

タニは見たことがないので、
見たことある方の感想や様子・写真等、募集します(笑)

(↑)東洋食品工業大学のホームページから少し見つけましたよ~♪
http://www.toshoku.ac.jp/tech/249.html


<由来>

スペインで栽培されていた品種で、
名前にもある「ブルジャソット」とはスペインの村にちなんだもの
(スペインでは1日5回も食事をするそうですよ~!驚)

日本には、大正時代に導入された。


<特徴>

樹勢は強く、樹姿は直立性を示す。
樹は中程度の大きさになる。

新梢は太く、節間が狭い。
葉は大きく、葉柄(葉と茎の細い部分)が長い。

着果数は多く、盛果期に達する時期が早い。

夏果は少ないが、7月中旬に成熟し、
秋果は8月下旬から成熟し始める。


<果実>

秋果は50g程度。

果実は円形で果梗(果実と樹の間の細い所)はやや細い。

果皮は紫黒色で、中程度の圧さで強い。
日持ちは比較的良い。

果肉はやや柔らかく、甘味・酸味ともに強い。
香りは中程度だが、食味は良い。




By:タニ


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

糖度高く酸味もあり、美味しい品種だと聞いて苗を植えました。
こいつは、葉の切れ込みが無いので見分けやすいです。
こいつと、ブルンスウィックとビオレ・ソリエスの果実は日持ちがするようなので、商品作物としても向いているかもしれないですね。

No title

ダルマティさん

商品作物にするには、「生産した物が売れる」状態をつくらなければなりません。
販路を作るのが難しいですが、一度私の農園でも作ってみます!
プロフィール

鈴木@イチジク

Author:鈴木@イチジク
いちじく好きのいちじくマニアの皆さんのために!

愛知県、西三河のいちじく農家が、

たっぷりの耳よりイチジク情報をお届け致します!!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
手 (1)
三州フルーツ工房
 
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。