FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミキリムシ類

イチジクに害を与えるカミキリムシ類には、
キボシカミキリ、クワカミキリ、ゴマダラカミキリ、シロスジカミキリがあります。
このうち被害が1番大きいのは、キボシカミキリでとクワカミキリです

成虫の発生時期は、

キボシカミキリ→6月上旬~9月下旬
クワカミキリ→6月下旬~9月上旬


この時期に後食や産卵の為に樹幹や主枝にかみ傷を付け、侵入します。
幼虫が木の内部で越冬し、4月頃から食害を始めます。
そして幼虫は6月~8月にかけて、羽化し、樹幹部に1つずつ産卵していきます。

これが枯死や枝折れの原因となるのです。


その為、捕殺したり、食入痕を見つけて針金で刺殺し、接ろうを塗布します。
また放任園は発生源となるので、伐採し、焼却をします



→前年の水害でダメになったイチジクの木たちも
 カミキリムシ類の幼虫にやられています
 おそらく、キボシカミキリです。




<キボシカミキリとクワカミキリの区別>

・キボシカミキリ
産卵のためのかみ傷は樹幹や主枝に見られ、
ふ化幼虫は激しく食害をし、そこから粉状の糞を排泄する。

さらに食害が進むと、樹皮の割れ目に木屑や糞が排出され、
樹皮部分が広く枯れ、樹勢が衰弱する。


・クワカミキリ
直径2cm程度の新梢に多く、産卵痕は新梢の基部にU字形に深くかみ起こす。
この傷が原因となって結果枝の欠損が起きる。

幼虫の樹皮下の食害は短く、

成長に従って結果母枝から主枝、
主幹、主枝、基部へと下部へ食入し、

ところどころに小さな穴を開けて糞を排出する。


By:タニ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

虫に食われてしまいました

バナーネ二年目にしてブラブラ庭植えで、地面から30センチぐらいの実が少し肌色ぐらい色づき、収穫まじかと思ったところ、ようく見ると大きな穴が中心まであいているではありませんか。犯人は誰なのか。すこし前いちごを近くで作ったときも丸虫となめくじに散々やられ、同一犯ではないかと思っているのですが、現場をみていないのでなんともいえません。毎日夕方前に水をたっぷり与えているので、かえって拙かったのでしょうか。穴の開いてしまったものは、すぐに捨てたほうがいいのでしょうか。試行錯誤はつづきます。

No title

ピンポンパールさん

ナメクジが這った跡があればナメクジですね
丸虫はダンゴ虫ですかね?

小さなハエが飛んでいて酸っぱい臭いがすれば、ショウジョウバエですし

ちなみに水は朝やった方が良いですよん

できれば画像があればアドバイスしやすいので、三州フルーツ工房のバナーから問い合わせメールを送っていただければメールの返信いたします。

撃退方法

はじめまして。教えて頂きたいのですが、ショウジョウバエはどう撃退しますか?? 完熟間じかの身が割れた所へショウジョウバエが多いのですけれど。教えて下さい。

ショウジョウバエ

農薬散布ですとアーデントかアクタラですけど
農薬散布でも虫はいなくならないですね~

誘引トラップでも取れますが完全には駆除できません

確実な方法は熟した実を全部とってしまって青い実も3段位採ってしまって一週間実を熟させない事です。

熟す実が無ければ自然とショウジョウバエはいなくなりますよ~

その後熟しすぎの実を木に着けないことですね
熟しすぎの実を着けたままにてておくとまた虫が発生しますよ

No title

ありがとうございます。

やはりショウジョウバエの撃退は難しそうですね。
しかし、実が青すぎても商品にはならないでしょうが、
熟しすぎてもなりませんよね。

取り遅れて、実が少しはで出し所へ
ショウジョウバエがやってくるので何か方法は
ないものか・・・ と悩んでいました。

撃退方法は ”早目の収穫 のようですね。

No title

v-77今年は枝に小さなイチジクが沢山付いているので大豊作の気配です せっかく美味しいも実が沢山生るころカミキリムシに侵入されて一昨年まではギブアップ占領されてしまいました
捕獲が適切ですが 樹皮を削って卵を産み付ける
箇所を見つけたら卵を潰すか撤去したり 7月~9月まで枝や幹に一千倍スミチオンを3週間ごと噴霧すれば樹の内部に侵入されないようです
今まではイチジクを植えて5年でカミキリムシで穴だらけとなり伐採していました
昨年から枝と幹に3週間置きにスミチオン散布で被害はなくなりました 今年もこの方法で対処する予定です 商売人はハウスで栽培していますから
虫の侵入は防げるようです

No title

みちはさん

ハウス栽培でもカミキリの被害はあります。
また、ハウス栽培は露地栽培と比べ圧倒的に被害は少ないです。

防除は農薬を使うか、成虫を捕獲、幹に入った穴から針金で刺殺、微生物農薬ではバイオリサを巻く、バイオセーフを使う位しかありません。


農薬散布ですが、スミチオンって登録農薬に無かったと思いますが大丈夫でしょうかね?
登録農薬以外を使うと「食品衛生法などの一部を改正する法律」・・・(平成15年法律第55号、平成15年5月30日公布)に該当するかもしれませんね。


私の圃場ではガットサイドsやモスピランを使っています。幹に入ってしまった場合は、針金で刺殺したあとに園芸用キンチョールを穴に入れてます。
全て登録農薬です。
プロフィール

鈴木@イチジク

Author:鈴木@イチジク
いちじく好きのいちじくマニアの皆さんのために!

愛知県、西三河のいちじく農家が、

たっぷりの耳よりイチジク情報をお届け致します!!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
手 (1)
三州フルーツ工房
 
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。