スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビオレドーフィン

【ビオレドーフィン】

<由来>
フランスで栽培されていたものが各地に広まり、
1910年ごろ明治末期に日本に広まった。

桝井ドーフィンが広まる頃まで一時は経済栽培されていたが、
現在は少ない。


<特徴>
樹勢はやや強く、新梢の節間は短いものの下垂しやすい。
開張性は示す。
葉は5裂片で切り込みは中程度である。

夏果なので、6月下旬~7月上旬に成熟する。
梅雨期に成熟するので、生産が不安定になりやすい。

そのため、雨よけ栽培をする必要がある。
炭そ病になりやすい。


<果実>
果実は100~150gで、偏円形である。
果皮は赤紫色で、弱く薄い。
果肉は黄色で花は紅色である。甘味が強く、香気があり、
食味は良。



By:タニ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鈴木@イチジク

Author:鈴木@イチジク
いちじく好きのいちじくマニアの皆さんのために!

愛知県、西三河のいちじく農家が、

たっぷりの耳よりイチジク情報をお届け致します!!

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
手 (1)
三州フルーツ工房
 
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。